フォトフェイシャルのしみへの効果は?

フォトフェイシャルでは、効果的に気になる肌のしみを目立たなくすることができるといいます。
しみができる原因は、メラニンの一部が皮膚に残ってしまうことです。
肌の新陳代謝によって新しい皮膚と入れ替わるのが、本来の肌の働きです。
いつまでもしみが肌に残ってしまう原因は、肌のターンオーバーが滞ることです。
メラニンだけに作用することでしみ解消効果をもたらすフォトフェイシャルは、素肌にダメージは与えません。
しみやそばかすができにくい肌質になるのは、フォトフェイシャルによってしみの生成そのものが抑制されるからです。
光を肌全体に照射できるので、広い範囲に作用するという利点もあるのが、フォトフェイシャルの特徴です。
薄いしみには効果がありますが、濃いしみには効果が出にくい場合があるのが、フォトフェイシャルのデメリットです。
施術回数を増やすか、しみの濃い部分だけレーザー治療を施す必要が、フォトフェイシャルをする場合にはあるでしょう。
女性特有のしみである肝班には、フォトフェイシャルは十分な効果が期待できません。
区別がつきにくいのが肝班と他のしみですので、皮膚科の診察を受けると良いのではないでしょうか。
フォトフェイシャルではなく、ビタミンC内服薬やハイドロキノン配合の軟膏が、肝班というしみには効果があるようです。
シミを消したい!私のシミ消える?【市販のシミ化粧品ランキング】