看護師になりたいと思った動機は?

私が看護師になりたいと決意した志望動機は、病院内であらゆる病気、怪我、体調不良などと戦っているクランケの手助けをする、看護師としてのやりがいを感じたためです。
実際、私自身も以前入院中に、看護師さんのお世話になり、この先は私も一人の看護師として、クランケのサポートをしたいと決意しています。
看護師の夜勤は、16時間などの長時間の勤務となっているので、勤務中でも仮眠をとれることになっています。
月に8回までと国の指針によって決められていますが、それを超えることが多いのが現状です。
働いている病院の勤務形態によっては、規則的な生活を送れなくなったり、過労になりやすいのも、看護師を辞める割合が高い理由のひとつだと思われます。
日本全国の看護師の年収は平均してみると437万円ほどです。
けれども、国立、私立、県立などの公立病院に勤める看護師は、公務員として働いているため、年収は平均約593万円になります。
公務員看護師は給与がよくなる率も民間病院と比較して高く、福利厚生もきちんとしています。
準看護師のケースだと、看護師と比較すると平均年収が約70万円低いです。
看護師は病院などで就業していますので、シフトは様々です。
ですから、安定してお休みが取れないといった悩みがあります。
医療機関では看護師は欠かせない存在ですが、働く立場とっては必ずしも、良いとは言えない労働条件であることが多いようです。