住宅ローン金利タイプで審査が変わる?

長年住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金を手に入れるチャンスもあるかと思います。
その様な事があったら、是非繰り上げ返済を検討して下さい。
繰り上げ返済は月々の支払いとは別のもので、まとまった現金を返済する方法です。
繰り上げ返済をすれば、ローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額を根本的に減らす事ができます。
元金が減るので、月々の返済額も少なくなります。
繰り上げ返済をする際に手数料がかかる銀行もあります。
住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。
住宅ローンの金利というのは大きく分けて固定金利と変動金利があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行の方から薦められるという事はありません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、金利のタイプによって審査が違ってくる。
と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。
固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。
住宅ローンは長年支払いをする物ですから、最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。
という点は住宅ローンを組む上でとてもメリットが大きいですよね。
毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気の住宅ローンです。
とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事は住宅の価値を重視して審査を行います。
一般的なリフォームでも使える住宅ローンと一緒です。
担保として十分かどうか、という点を重視する。
という事です。
フラット35の審査は通過するケースが多いと言われています。
住宅を購入する時に必要な費用、それが頭金です。
良く頭金0円で住宅を購入出来る!と言った宣伝も目にしますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。
その代わり、月々の返済額は膨らみます。
月々の返済を少しでも楽にしたければ、頭金を少しでも最初に支払うのがおすすめです。
頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅を買うとなると他の費用もかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。