クレジットカード審査に通らない理由のデマ情報

クレジットカードを何度申し込んでも審査に通らない場合、カードが作れない悔しさよりも、人間性を否定されたような悲しさに陥ってしまいます。
どこに原因があるのか自分の半生を振り返ってみたり、審査に通らない理由についての情報をいろいろ収集しているうちに根拠のないデマに振り回されたりしてしまいます。
よく言われているのが、「複数枚を同時に申し込んだらブラックリストに登録される」というものです。
実はこれは全く根拠のない話で、カード会社も申込枚数でマイナス審査をする事はありません。
むしろ審査に通らない理由は簡単な事であるケースが多いのです。
例えば書類の不備、免許証等の本人確認書類に記載された住所と申込書に記入した住所が違う、申込書に空欄が多い、自宅の固定電話番号を記入していない、また携帯電話料金の支払いが滞っている、家族の中にブラックリストに載っている者がいる、勤務先の会社が法人登録されていない等、審査にはあまり関係ないだろうと見過ごしているような事が思わぬ原因となっている場合もあります。
特に携帯電話を分割で購入し、代金を滞納した場合、3ヶ月滞納でほぼブラックと同じ扱いになるといわれているので注意が必要です。