フラット35の適合証明とは?

フラット35でよく話題にのぼる、適合証明とは、借りる人のことではありません。
住宅に対して、フラット35を適用してお金を貸すことができるかどうかを審査して、証明するのが適合証明です。
当然、安全面などで一定の基準を満たしていないと適合証明が出ませんので、フラット35で借り入れもできません。
中古住宅、新築住宅それぞれに、各項目ごとに細かく基準が決まっていて、その審査をする技術者もちゃんといます。
新築住宅なら審査機関が審査すればいいのですが、長い年月が経った後どんな不具合があるか分からない中古住宅には、建築士の資格を持つ適合証明技術者が当たらなくてはなりません。
このように審査が終わって適合証明が出て初めて借り入れの手続きを進めることができるのです。
フラット35の年収の審査基準が甘いのは?